介助・介護

2009年1月15日 (木)

女、3世代の《おやつタイム》

最近、【特養】に居る祖母に会うのが
楽しくて仕方がない! 
  
 
というのも
祖母の表情、口調、仕草、話の間まで
父にそっくりになってきたのです。 
  
まるで、父の《生き写し》と言っても
過言ではない程、
瓜二つで
少し怖くなるくらいそっくり。


祖母と居ると
亡くなった父と一緒にいるような
錯覚を起こしてしまい 
私と母は嬉しさと悲しさで
涙が止まらなくなってしまいます・・・・・・・・  
  
  

   
生前の父と祖母は 
性格、外見、考え方など、正反対で
共通点がまるで無い二人。 
   
《水と油》の様な二人で
気も合わず、喧嘩ばかりしていたのに
こんなにも似てしまうなんてビックリですsign03 
 
  
 
私たちが差し出した
甘いお菓子やココアを口に運ぶた度に
「美味しい~delicious
とニッコリ笑う祖母に
生前の父の姿を重ね合わせて
祖母、母、私の女だけの3世代で
《おやつタイムcake》をするのが
最近、趣味になっています。 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。 
 
 

| | コメント (64) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

冬至の手土産

父がアルツハイマーになって
色々な事が思い出せなくなってきた頃から
少しでも季節を感じてほしくて
昔ながらの行事を大切にする生活を始めました。 
 
 
そんな生活が定着して
父が亡くなった今も
年間行事を行っています。 
 
 
さて、明日は冬至ですsnow 
 
厳しい冬を健康に乗り切るため
無病息災の祈りをこめて
【カボチャのサラダ】を作りましたheart04 

Photo 蒸した《栗カボチャ》と
茹でた《ちぢみほうれん草》を
クリームチーズ・ハーブソルト
マヨネーズ・酢を
適当に混ぜただけの簡単サラダ。 
  
  
祖母の認知の症状は進んでいますが
いつまでも健康でいてほしいので
明日、【特養】に持って行き
祖母にも【冬至のカボチャ】をお届けpresentするつもりです。 
 

 
「おいしい!」って笑ってくれるといいな~happy01
  
 
人気ブログランキングに参加しています。 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

クリスマス会のお誘い

祖母がお世話になっている【特養】から
《クリスマス会xmas》のお誘いがありました。
 
利用者さんと家族を交えて
皆でクリスマス会bellをするそうなのです
 
 
勿論、母と私の二人は出席!
 
  
祖母とクリスマスを祝うなんて
多分、私が小学生以来の20年以上振りなので
今から、ちょっとワクワク! 
 

 
クリスマスプレゼントpresent何にしようかな~? 
等とアレコレ考えながら
【特養】で迎える初めてのクリスマスに
期待に胸を膨らませていますheart02
  
 
人気ブログランキングに参加しています。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

やっぱり、お散歩大好き!!

祖母がお世話になっている【特養】は
家から徒歩圏内の近さ! 
 
思い立ったら直ぐに
行ける距離なので
頻繁に会えるようになりました。 
  
  
  
入所前に気がかりだった認知の進行。 
   

【ショート】から【特養】へ移り
環境の変化や不安等でストレスを感じ 
認知が進行するのではないかと
心配しましたが
特に変化もなさそうなので一安心です。 
 
 
 
しかし・・・・・・・・・・
お散歩大好き(徘徊)な祖母は
ユニット内の廊下を
一日中、行ったり来たりして
歩き続けているらしく・・・・・・
    
同じユニット内で認知の無い方は
そんな祖母の行動に
まだ慣れない方もいらっしゃるようで・・・・・ 
    

非常に申し訳なく感じています・・・・・・・

   
    
 
10人1組の共同生活。 
祖母だけではく
みんながノンストレスで
楽しく笑顔で過ごせるように願っています。 
 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月22日 (月)

さようなら【ショートステイ】

先日の日曜日
祖母は【特養】へお引っ越ししました。 
   
   
 
2年間お世話になったショートステイを後にする時
大勢の皆さんに見送られて
目頭が熱くなると同時に
感謝の気持ちでいっぱいになりました。
  

祖母に握手を求め
少し俯き加減で
寂しそうな表情を浮かべながら
黙って手を振って見送ってくれた
仲良しの利用者さん。 
  
そして 
スタッフの皆さん
は一人一人
祖母の手を握りしめながら
やさしい言葉を掛けてくれ
写真付きの【寄せ書き】のプレゼント!! 
   
 
その【寄せ書き】には
「素敵な笑顔」
「やさしい笑顔」 
「いつもお手伝
いしてくれてありがとう」等の
言葉がいっぱいで 
祖母がいつも笑顔で過ごし
この場所(ショート)で
とても愛されていたのだと実感しました。 
  
  
 
今までお世話になった
ロング利用の【ショートステイ】 
スタッフさんと利用者さん
全ての方に感謝感謝です!! 
  
 
人気ブログランキングに参加しています。 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

特養に入れるかも?

今のところ
祖母の介護状況は
【ショートステイ】をロングステイで利用して
【特養】に入れるのを待っている状態ですが 
もしかしたら
一年以内くらいで第一希望の【特養】に
入れるかもしれません。 
 
 
というのも 
先日、祖母の『面接がしたい』と 
特養から連絡が入ったのです。 
   
   

善は急げ!って感じで
早速、日時を決めて
自宅にて【面接】を行いました。 
  
  
私と母が担当者さんに
祖母の体調や介護状況
家族構成等を細かく説明している間 
祖母は終始笑顔!   
 
  
時折、担当者さんから
優しい口調で話し掛けられるのが嬉しいらしく
モゾモゾと体勢を変えたり
靴下を脱いだり履いたりする程度で
面接の間、ずっと同じ場所で
穏やかな笑みを浮かべながら座っていてくれました。 
  
   
 
今回、面接していただいた【特養】には
祖母の
妹が入所しているのです! 
  
もしかしたら二人共
姉妹だという事や
顔や名前を思い出せないかもしれない・・・・・ 
 
でも
月に一回でも
半年に一回でも思い出す事ができた時は
きっときっと嬉しい筈! 
 
  
姉妹仲良く同じ【特養】で
穏やかに楽しく過ごせる事を
強く強く願っています。 
  
 
人気ブログランキングに参加しています。 
  

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

認知症がくれた幸せ

以前、何度か書いたと思うのですが
認知になる前の祖母は
とても気が強い性格で
「ありがとう」等の感謝の言葉は
滅多に言わない人でした。 
   
  
でも今は全く違う。 
 
「ありがとう」
「有り難いな~」が口癖で
ニッコリ笑って何時も感謝の言葉を言い
穏やかで優しい性格になってしまった。 
 
   
お菓子やお饅頭を差し出すと
嬉しそうに受け取って
必ず半分にして
「コレ美味しいよ!あげる!」 
と言って母と私に御裾分けしてくれます。 
   
 

一緒に寝た時も
自分の布団を私に掛けてくれたり
半袖を着ている私の腕を摩りながら
「寒くない?」と尋ねてくれ
私の体調まで気に掛けてくれる。
  
  
 
認知が進み
今までの記憶が薄れ
子供の様になった祖母は
ショートの施設で色々な人の暖かさに触れて
共同生活の中で
協調性と思いやりの心が育ったのかもしれない。 
   
  
正直
認知症になる以前の祖母とは
楽しい思い出が少ない・・・・・・・ 
 
   
でも、これからは
子供の様に
無邪気で無垢な笑顔で笑う祖母と
母と私の女3世代で
楽しい思い出を沢山沢山作るつもりです! 
    
  
祖母との新しい関係を
築かせてくれたと思えば
認知症も悪い事ばかりではありません。  
  
祖母を【可愛い】【愛しい】と思える今を
幸せだと感じています。 
  
 
人気ブログランキングに参加しています。 
  
 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

お盆の日、仏壇の前なのに・・・・

悲しいです・・・・・・
     
情けないです・・・・・・・・・・・ 
      
  
      
祖母の介護を何もせず
お金の事だけ口を出す人(親戚)・・・・・・ 
  
  
祖母の体や認知の症状については
一切気にせず
症状を話しても上の空で聞こうともしないくせに
お金の事だけは気になって仕方が無いらしい・・・・  
 
  
そして
つい先日のお盆の席でも
祖母に対して
叱り付けてばかりで
優しい言葉の一つも掛けず
愛する父と祖父の仏壇の前で
お金の話だけをして帰っていった。 
  
  
父の仏壇の前で
醜い話をしたのが許せなくて
実の娘に冷たく怒鳴られ
寂しそうにしていた祖母が可愛そうで 
母と二人で声を上げて大泣きしました。 
    
    
 
そんな人(親戚)から
父はいつも必死で
私達を守ってくれました。 
  

お盆の日
仏壇の前で繰り広げられる話を
父はきっと
悔しい思いで聞いていたことでしょう。 
    
「お前達を守れなくてゴメン・・・」
そんな父の声が聞こえた気がして
父の無念さが伝わった気がして・・・・・
胸がギリギリと締め付けられ痛かった・・・・

 
人気ブログランキングに参加しています。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

誓い

先日、父の初盆をしました。 
  
  
私の兄夫婦や
父の兄弟達も集まって皆でお参り。 
   
 
祖母にも参加してもらいたくて
お参りの時間に合わせ
施設へ迎えに行ったのですが・・・・・
 
予定時間より随分早く
お坊さんが来てしまい 
私達夫婦が祖母を連れて家に到着した頃には
既にお参りは終わった後。 
 
残念ながら
お盆のお参りに参加できませんでした。 
 
 
でも
そんな事は何所吹く風といった感じで
祖母はニコニコのご機嫌~♪ 
  
  
私の兄夫婦に優しい声を
いっぱいいっぱい掛けてもらい 
美味しい寿司と
頂き物の和菓子をペロッと食べて 
無邪気に笑っていました。 
 
 
まるで子供の様な
無垢な祖母の笑顔を見ていると
心が《
ポッ》と暖かくなります。 
    
 
徘徊の恐れがあり
重度の認知がある祖母を
在宅で介護する事はできない・・・・・・
 
その代わり
施設を利用して
気持ちと体に余裕を持った状態で祖母に会い
祖母だけでなく
私と母も
『沢山笑って、
皆で沢山幸せを感じよう!』
と母と二人で誓いました。

  
  
人気ブログランキングに参加しています。 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月31日 (木)

書類破棄?!

2年前・・・・・
祖母が《要介護3》になって直ぐ
市内にある【特養】数件を見学し
良さそうな所に《申し込み》をしました。
 
  
その時は在宅介護をしていて
【特養】を必要としてはいなかったのですが
《数年待ち》を計算に入れて
必要になった時
慌てなくても済む様に
保険感覚で申し込みをしていました。 
      
       
数ヵ月後に開所予定の
新しい施設の【事前受付】にも申し込んでいて
開所と略同時に 
【入所OK!】の連絡を頂いたのですが
その時はまだ【特養】を必要としていなかったので
一旦、保留に。
 
   
そして
【特養】が必要になった今
保留にしてあった施設に連絡を入れて
順番を尋ねたのですが・・・・・・・
   
『保留にはしていません』

『書類は破棄しました』 
 
『もう一度、申し込みをして下さい』
  
と言う予想外な答え・・・・・・
 
 
しかも、なんとっ!
500人待ち!!! 
 
 
500人という人数にも驚きましたが
それ以上に
書類を破棄した事に驚きです!! 
 
 
この事実を
ケアマネさんにお話した所
通常、保留の場合
書類を破棄してしまう事は無いそうです。 
 
 
ケアマネさんが改めて
施設に連絡して確認を取って下さり
一番最後の順番になるのは免れたので
もしかしたら
早めに入所できる可能性も出てきました。
 
 
人気ブログランキングに参加しています。 
  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧