« 再びショートのフロアへ | トップページ | 花火大会 »

2008年7月31日 (木)

書類破棄?!

2年前・・・・・
祖母が《要介護3》になって直ぐ
市内にある【特養】数件を見学し
良さそうな所に《申し込み》をしました。
 
  
その時は在宅介護をしていて
【特養】を必要としてはいなかったのですが
《数年待ち》を計算に入れて
必要になった時
慌てなくても済む様に
保険感覚で申し込みをしていました。 
      
       
数ヵ月後に開所予定の
新しい施設の【事前受付】にも申し込んでいて
開所と略同時に 
【入所OK!】の連絡を頂いたのですが
その時はまだ【特養】を必要としていなかったので
一旦、保留に。
 
   
そして
【特養】が必要になった今
保留にしてあった施設に連絡を入れて
順番を尋ねたのですが・・・・・・・
   
『保留にはしていません』

『書類は破棄しました』 
 
『もう一度、申し込みをして下さい』
  
と言う予想外な答え・・・・・・
 
 
しかも、なんとっ!
500人待ち!!! 
 
 
500人という人数にも驚きましたが
それ以上に
書類を破棄した事に驚きです!! 
 
 
この事実を
ケアマネさんにお話した所
通常、保留の場合
書類を破棄してしまう事は無いそうです。 
 
 
ケアマネさんが改めて
施設に連絡して確認を取って下さり
一番最後の順番になるのは免れたので
もしかしたら
早めに入所できる可能性も出てきました。
 
 
人気ブログランキングに参加しています。 
  

|

« 再びショートのフロアへ | トップページ | 花火大会 »

コメント

母にも、念のため申し込んだ特養から入所OKの連絡があったのですが、そのときは時期尚早でお断りしました。
いざ必要になったとき、本命のところは、申し込んだ時点で2年待ち、1年後でも2年待ちでしたね。

つなぎに有料老人ホーム利用という案が浮上して、結果的には、有料老人ホームに5年お世話になり、現在の老健へ・・・

当時母が有料老人ホームに落ち着いてくれたので助かりましたが・・・

在宅も厳しい。施設介護の道も決して平坦ではありません。
楽な介護はない、ということかもしれません。

投稿: miki | 2008年7月31日 (木) 21時33分

miki様


実際、話としては聞いていても
こんなに施設への入所が大変だとは
思っていませんでした。

miki様も
いろいろな施設の良し悪しが分かっているだけに
ご苦労されたと思います。


義母はとても元気で、会うたびに
うれしそうな表情を見せてくれ
かわいいおばあちゃんになりました。

夫の介護で義母に淋しい思いをさせたので
これからも出来るだけ
会いに行こうと思っています。

投稿: ママネコ | 2008年8月 3日 (日) 14時54分

お父様の大変な介護の間、おばあちゃんに大きな病気・事故がなく、よかったですね。
その間、無事に看ていただけたことには、感謝・感謝ですね。

ママネコさん・白ネコさんも、おばあちゃんの介護が終わるまで、まだまだ続く・・・ですね。

投稿: miki | 2008年8月 5日 (火) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/22636775

この記事へのトラックバック一覧です: 書類破棄?!:

« 再びショートのフロアへ | トップページ | 花火大会 »