« 闘病記 31  お別れの時・・・・・ | トップページ | 不思議な安堵感・・・・・ »

2008年5月 1日 (木)

葬儀社選び

父が息を引き取ったのは
多分2時30頃。
 
 
看護師さんに知らせて
2時49分に先生が死亡確認しました。
   
 
 
  
 
冷たいと感じられるかもしれませんが・・・・・
 
担当医から
癌告知と同時に
【あと数日・・・】という余命を告げられてから
私と夫は葬儀場を探し始めていました。
 
 
と言うのも・・・・・・
 
葬式場を決めておいた方が
直ぐに動きが取れますし
それに・・・・・・
殆どの葬儀社が
前以て会員になっていると
お値段がお安くなるんです・・・・・・ 
   
 
その様な理由から
夫と二人で
電話帳に載っている葬儀社に
片っ端から電話を掛け探しました。 
  
  
私達家族の希望する絶対条件は2つで
父の希望でもあった【家族葬】ができる場所。 
それから 
父の愛犬どるちぇ君も一緒に参列できる場所。 
    
 
 
色々な葬儀社に電話をして感じたのですが
なかなか強気な態度の会社が多い。 
   
  
身内だけで執り行う【家族葬】にしたいので
一番地味なプランを聞いているのに
高いプランしか教えてくれなかったり
渋々教えてくれたとしても
態度が物凄く悪かったり 
『愛犬も参列させたい』という私達の希望を
バカにしたように受け流したりで
サービス業とは思えない態度。 
 
 
でも、勿論
そんな酷い葬儀社ばかりではありません。 
 
父の葬儀をお願いした会社は
親身になって丁寧に説明してくれ 
愛犬の参列についても
快く承諾してくれました。


葬儀という
非日常的な場面で
分らない事だらけの状況の中で
冷たい態度の葬儀社に
悲しい思いもしましたが
父の葬儀をお願いした会社の担当者さんからの
「ワンちゃんも大丈夫ですよ
 ペットは家族ですから 
 一緒にお別れして下さい」 
という言葉に救われた思いでした。 
  
 
人気ブログランキングに参加しています。

 

|

« 闘病記 31  お別れの時・・・・・ | トップページ | 不思議な安堵感・・・・・ »

コメント

葬儀を責任もって出す立場としては、あと数日と告げられれば、現実的に動くべきでしょう。
家族葬でどるちぇ君参列という条件で見つけられてよかったですね。

父の場合は、急変でしたから、病院から自宅まで送っていただいたところにお願いしました。
繰り上げ位牌で位牌を新調しなかったので落胆した表情がみえましたが、あとは気分を害するよう言動はありませんでした。

身内との死別という悲しくもあわただしい状況の家族(遺族)に対しては、礼を失する言動は慎む、プロである葬儀社なら当然心得ておかなければなりませんよね。
担当者のノルマが厳しいのでしょうか・・・
悲しい現実です。

投稿: miki | 2008年5月 1日 (木) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/20670158

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀社選び:

» ペット葬儀 [ペット葬儀]
ペット葬儀のすすめ [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 14時14分

» もう犬のしつけに悩む必要はありません・・ [【犬しつけ】あなたの愛犬が見違えるほどいい子犬になるしつけ法!!]
森田流犬のしつけをするとあなたの犬はこんな風に変わります。しつけをがんばってもうまくいかないのは、その方法が間違っているからです。そんな生活から抜け出し、愛犬と夢見た生活のために、一歩踏み出してみませんか? [続きを読む]

受信: 2008年5月 1日 (木) 22時53分

« 闘病記 31  お別れの時・・・・・ | トップページ | 不思議な安堵感・・・・・ »