« 影膳のサービス! | トップページ | 面会自主規制 »

2008年5月24日 (土)

勇気を与える存在

お世話になったペンションを出る際
オーナーさんは
「お父さんから、いつも勇気をもらっていた」 
と言って下さいました。 
   
  
アルツハイマーになり介助が必要無しでは
生活できなかった自分を
『情けない』と責めた時期もありました。 
  
 
でも
父は居るだけで 
そこに居てくれただけで 
家族以外の誰かにも
勇気を与える存在だったのだと知り 
報われた様な気持ちと同時に
オーナーご夫婦の優しい言葉の一つ一つが
心に染み渡り
涙が溢れてきました。  
  
   

思い出の沢山詰まったペンションを後にして  
向かった先は
去年のGWにも訪れた
水芭蕉の群生する場所。
Photo  
  
父の写真を抱きながら
去年、歩いた場所を歩き
Photo_2 同じ場所で写真を撮って
父を感じながら
水芭蕉を堪能です。 
  
 
そしてお次は
去年の夏に訪れた
飛騨の里へ。 
 
   
ここは始めて
車椅子を利用して巡った
印象深い場所。 
Photo_3   
去年の夏に来た時は
兎に角、暑くて暑くて・・・・・・

しかも
坂道や舗装されていない場所が多く
車椅子で巡るには
チョット厳しくて
見ていない居場所が殆どだったので
今回は隅々まで見尽くしました。
   
  
 

介助の必要がある父との旅行は
何かと大変だった筈なのに
今、思い返すと
不思議と楽しい思い出しか残っていない。 
 
 
あの時、無理をしてでも
旅行に行って良かったと心から感じます。 
    
  
   
父が大好きだった山口百恵ちゃんの歌
【秋桜】の中に
《笑い話に時が変える・・・・・》
という歌詞があったのを思い出し
記憶の中にある
父の鼻歌を聞きながら

帰路に着きました。
  
 
人気ブログランキングに参加しています。 
  

|

« 影膳のサービス! | トップページ | 面会自主規制 »

コメント

お父様にいつも勇気をもらっていた。
嬉しい言葉ですね。

家族の深い愛情に支えられながら
一生懸命に生きていらっしゃる。
その姿が、勇気をあたえていたのでしょう。

今回も4人と1匹の旅行でしたね。
お父様はみんなの心の中にいつまでも生き続けられることでしょう。

介護は、渦中は大変ですが、ともに濃密な時間を生きた期間でもありますね。
たくさんの、素晴らしい思い出が残せて、本当によかったですね。

投稿: miki | 2008年5月24日 (土) 21時09分

miki様

この病になったからこそ
家族の濃密な時が過ごせた・・・

夫のおかげで
私たち家族は
思い出をたくさん作ることができました。

すべてに感謝です。

miki様も介護真っ只中で、
お母様とのふれあいと
思い出がたくさん残せますね。

投稿: ママネコ | 2008年5月27日 (火) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/21119967

この記事へのトラックバック一覧です: 勇気を与える存在:

» おすすめの新宿ヘアサロン情報を案内/ビューティーきれいナビ [新宿ヘアサロンについてのオススメ情報です]
みんなで新宿ヘアサロンが満載 [続きを読む]

受信: 2008年5月24日 (土) 20時39分

« 影膳のサービス! | トップページ | 面会自主規制 »