« 要介護3 | トップページ | 思い出巡りの旅 »

2008年5月17日 (土)

父との思い出を巡る旅

『GWになったら
どるちぇ君(愛犬)を連れて
また、高山旅行に行こうね』
    
『絶対行こうね!約束だよ!』  
  
   
入院中の父に
私と母は1日3回以上
この言葉を掛け
何度も何度も
旅行へ行く約束をしながら励ましていました。
  
   
その約束通り
先日のGWに
父との思い出を巡る旅に行ってきました。 
   
 
 
 
父が亡くなり一週間経った頃(3月中旬) 
『GW・・・・・・ 
 お父さんと一緒に(写真と気持ちを連れて)
 高山に行こう』
と提案すると
母と夫も同じ気持ちだったらしく
二人共、即OKでした。
 
 
  
そして翌日
偶然にもポストには
高山旅行でいつもお世話になってる
ワンちゃんと泊まれるペンション
【夢染人】さんから
近況報告を綴ったお葉書きが! 
     
    
宿泊予約の電話をするつもりだった
その日に葉書が届くなんて
凄い偶然に運命すら感じます。 
 
 
タイミングの良さに驚きながらも
早速、予約電話を掛けて 
ペンションの奥様に
父が亡くなった事を話すと
大変驚き一緒に悲しんでくれました


 
そして
父の気持ちを連れて
父と一緒に旅行するつもりの
私の気持ちを察してくれたらしく
奥様から
『お父さんと一緒に来てね』 と嬉しい言葉。 
  
  
温かい言葉に涙が溢れ・・・・・・・・・
電話を切った後
父の写真を胸に抱きながら
声を上げて大泣きしてしまいました。
 
  
 
病気(アルツハイマー)を理解し
訪れる度にいつも温かく出迎えて
父に励ましの言葉を掛けてくれていた
優しいオーナーご夫婦。 
  
車椅子対応のバリアフリーのお部屋もあり
食事の際には介助がし易いように
心配りをしてくれる。 
  
そんなペンションだからこそ    
アルツハイマーの父と愛犬どるちぇ君と一緒に
旅行に行けたのです。
  
  

父との思い出を巡る旅
近い内にご報告したいと思っています。
 
  

人気ブログランキングに参加しています。 
 

|

« 要介護3 | トップページ | 思い出巡りの旅 »

コメント

ママネコ様、白ネコ様

ご主人様のこと、お父上様のこと、
ご愁傷さまでございました。

いつも「ちょこっと幸せ」を開いて、
闘病記を読ませていただいておりました。

何度かコメントを寄せたいと思いながら、
あまりにも過酷で鮮烈な出来事の連続で、
とても言葉になりませんでした。

3月11日の1節を目にしたときには、
涙がどっと溢れ出てまいりました。
---------
「お父さん、みんな揃ったよ」
「みんな一緒だよ」
「お疲れ様・・・ありがとうね・・・」
「苦しかったね・・・」
「頑張ったね・・・」 
 
 家族其々が
 父へ言葉を掛けると
 みんなが揃ったのを確認し
 安心したかのように
 間隔の長い呼吸は無くなり
 そして
 眠るように・・・・・・・・・・・ 
 3月11日(火曜日)享年66歳
 家族全員が見守る中で
 父は息を引き取りました。 
---------
ネコ家のみなさん、
夫婦愛、父娘愛、家族愛に満ち溢れて、
お父様は幸せだったと思います。

お父様とご一緒に、どるちぇ君を連れて
このGWに高山に旅行されたと知って、
ほんとうにうれしく思います。

お父様はきっとお喜びですよ。

お父様との思い出を巡る旅のレポート、
楽しみにしております。

今後ともよろしくお願いたします。

投稿: Route463 | 2008年5月18日 (日) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/20987392

この記事へのトラックバック一覧です: 父との思い出を巡る旅:

« 要介護3 | トップページ | 思い出巡りの旅 »