« 認知症に救われた祖母 | トップページ | 父との思い出を巡る旅 »

2008年5月15日 (木)

要介護3

痴呆症(要介護3)の祖母は88歳。 
 
家族の名前や顔は覚えていなくても
体は健康そのもの。 


88歳とは思えない身の軽さで
歩くスピードも早く
小走りだってできちゃう
スーパーおばあちゃん。 
  

痴呆の症状なのか・・・・・
疲れを感じないらしく
寝ている間以外は
一日中忙しそうに動き回っている。 
  
 
お世話になっているショートステイでも
施設内を歩いて
動き続けているらしく
新品の上履きが直ぐに駄目になってしまう程。
 
 
 
アルツハイマーと違い
家族を認識できない状態でも
空間把握能力は全く衰えていないので
トイレの場所や用の足し方は
はっきり覚えているし
ドアや玄関の鍵だって普通に開けてしまう。
 
  
ジッとして居るのが苦手なので
少し目を離すと
鍵を開けてお出掛け(徘徊)してしまいます。  
 

 
若年性アルツハイマーだった
父の症状とは
似ているようで全く違う祖母の介護・・・・・・・
  
 
父の介護で手一杯でしたが
これからは
祖母と接する時間が増えそうです。
 
 
でも・・・・・・・・
父とは違った意味で大変なんです・・・・・・・・・ 
   
  
人気ブログランキングに参加しています。

 
 

|

« 認知症に救われた祖母 | トップページ | 父との思い出を巡る旅 »

コメント

私は、父が亡くなったあとどん底の精神状態でしたが、目の前の母の世話があったので、心の空洞も少しずつ埋まっていったように思います。

白ネコさんも、おばあちゃんのお世話をすることで、燃え尽き症候群にならないですむかもしれませんね。
でも、あまりのめりこまれませんように。

いつの日か在宅介護が可能になるレベルがくるでしょう。
私は、在宅介護はできませんが、白ネコさんなら将来なさるのではないかな、と思いまして。

投稿: miki | 2008年5月17日 (土) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/20950644

この記事へのトラックバック一覧です: 要介護3:

« 認知症に救われた祖母 | トップページ | 父との思い出を巡る旅 »