« 闘病記 3 | トップページ | 闘病記 5 »

2008年3月22日 (土)

闘病記 4

父の体に異変が現れたのは
入院する一週間程前。 
   
多分、2月21日頃だったと思います。 
  
   
  
右側の太腿根辺りの皮膚が
赤くなっているのを見つけました。 
 
  
 
それは一見すると
ただ皮膚が赤いだけなのですが
じっくり近くで見ると 
極々小さな赤い斑点が
無数に広がっているという状態のものでした。  
    
  

斑点は就寝時に
【おねしょ対策】で着ける【
オムツ】の位置と
丁度同じだった為
私と母は
蒸れて【汗疹】や【かぶれ】を
起こしたものと思い込み
皮膚薬を塗って
様子を見る事にしたのです。 
  
 
しかし
 
薬を塗っても斑点は治まらず
徐々に広がっていきました。 
 
 
  
  

    
父がお世話になっていた
デイサービスの連絡帳にも
2月25日と26日のページには
【右陰部から右太腿にかけて
赤い斑点の様なものがあります。】という
斑点に関する事が書かれていました。 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。 
  

|

« 闘病記 3 | トップページ | 闘病記 5 »

コメント

ママネコ様、白ネコ様

「お父さん」と声をかけたら、
「どうした?」と優しい声が返ってくる、
そんな感じがするのではないでしょうか。

ママネコさんを支え、白ネコさんを育て、
お役目を立派に果たされて逝かれた。

「白ネコは、私の自慢の娘だ」。
お父様の声が聞こえてくるようです。

この病気のお父様が、ご自分の体の不調を
ご家族のみなさんにうまく伝えられなくて、
はがゆい思いをされたかもしれません。

妻Kに置き換え、認知症の人の死について、
家族としてどうかかわりを持てばいいのか、
なかなか難しいテーマです。

そんなとき、見つけた詩です。
----------
「パパ」 Music/K.yonao Words/Reika

ひとすじに 流れ落ちた涙
精一杯の 「サヨナラ」が 聴こえたよ
繋いだ手 弱く握り返す
私がこれ以上 傷つかないように

幼い日 ずっと側にいてくれた
「ひとりぼっちじゃない」と 笑った 泣き 笑った
当たり前のように パパになってくれた

本気でぶたれた時も
パパの方が・・・ねぇ・・・痛そうだった
ごめんなさい・・・パパ・・・
とっても嬉しかったよ 本当の絆 知りたかった
ありがとう 私のパパ・・・ 


日曜は 少し朝寝坊で 怒る私 なだめてた 困り顔
本当は疲れていたんだと 大人になって知る 暖かな想い

草むらで四葉を見つけてくれた
「幸せになれ」抱いてくれたよ 抱いてくれた・・・
最期に交わした 言葉と同じだよ

優しく私見つめた 繋いだ指がするり落ちた
逝かないで・・・パパ
流れる時間の中で私は一秒の長さ 知る
目を閉じた・・・ 私のパパ・・・


温もり残る体を ずっとずっとね 抱きしめてる
愛してる・・・パパ・・・
私の幸せ願い 私の為に生きてくれた
ありがとう 私のパパ・・・ 
温もり残る体を ずっとずっとね 抱きしめてる
愛してる・・・パパ・・・
私の幸せ願い 私の為に生きてくれた
ありがとう 私のパパ・・・ 
----------
「闘病記」読ませていただいています。

お父様の死を受けとめるためには、
もう少し時間が必要だと思います。
どうかご自愛くださいますように。

投稿: Route463 | 2008年3月23日 (日) 16時49分

 最近立ち寄らせていただきました。白ネコ様ママネコ様のご自愛に満ちた介護に只々敬服いたしました。介護に携わる仕事をさせてもらっている私にとって参考になる事が沢山あります。是非もう暫くゆっくり立ち寄らせてください。
 
 仕切りなおし・・・素敵な対処法ですね。
 
 明日からの仕事にまた新たな気持ちで望めそうです。介護を受けなければならなくなったご本人様の気持ちやそれを支えるご家族様の気持ちを考えながら頑張って行きたいと思います。
 
 これからもよろしくお願いします。

投稿: 復帰Ns. | 2008年3月23日 (日) 18時24分

Route463様へ
 
温かい言葉と励まし
ありがとうございます。 
 
紹介して下さった【詩】に
共感しています。 
 
入院中、母と二人で
何度も何度も
感謝の気持ちを込めながら
「愛している」と言いました。 
  
不安にならないように
「ずっと傍に居るよ」と
父が目を覚ます度に
語り掛けていました。 
   
 
父の存在の大きさを
あらためて
家族で噛み締めています。 
 
 

投稿: 白ネコ | 2008年3月25日 (火) 21時43分

復帰Ns様へ 

コメントありがとうございます。 
 
私の母も
介護の仕事に携っています。 
 
普段、明るくて大らかな母ですが
仕事と家庭内では
同じ事をしていても
気持ちの割り切りができずに
苦しい思いもあった様です。 
 
 
我が家の介護日記が
少しでも
何かのお役に立つ事があれば幸いです。 
 
どうぞ
また遊びに来てください。 
 

投稿: 白ネコ | 2008年3月25日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/11656919

この記事へのトラックバック一覧です: 闘病記 4:

« 闘病記 3 | トップページ | 闘病記 5 »