« 闘病記 ~はじめに~  | トップページ | 闘病記 2 »

2008年3月19日 (水)

闘病記 1

今になって冷静に思い返してみると
父の体調に変化があったのは
一ヶ月程前でした。
  
  
 
尿の出が悪くなり 
定期的にトイレ誘導しても
用を足せない事が増えていました。 
  
 
しかし
トイレ誘導で出なくても
リハパンやパッドには
ズッシリと重みのある量の
尿が出ていたので
殆ど気にしていませんでした。  
   
   
足の浮腫みも
この頃から始まったと思います。 
     
 
 

これ等の症状が出始めた時期は
丁度、花粉症の薬
服用し始めた時期と重なっていていましたし
薬の副作用で
『尿の出が悪くなる可能性もある』という
お話を主治医から
前以てお話を伺っていたので
私も母も病気に関しては疑わず
全ては薬の副作用によるものと
思い込んでいました。
  
  
 

アルツハイマーの症状により
言語の分野いも低下し
体の不調を訴える事もできなくなっていましたが
私が見る限りでは
体調が悪そうな雰囲気も無く
食欲も旺盛で食事もオヤツも
毎日、完食していましたし
顔色も良く
健康そうに見えていました。
  
 
人気ブログランキングに参加しています。

|

« 闘病記 ~はじめに~  | トップページ | 闘病記 2 »

コメント

昨年の秋に、1度コメントさせていただきました武士道と申します。お父様のご冥福をお祈りいたします。
私の父も若年性認知症を患い7年、今年で64才。アリセプトはやめて、暴れるのを防ぐリスバダールという精神安定剤を服用中です。食欲旺盛ですが、筋力の衰えが激しく、急激に痩せてきました。
時々、こちらのブログを読ませていただき、私も頑張ろう!と勇気づけられてきました。お父様のことは、私にとって人事ではなく、悲しいです。しかし、苦しみから解放されたお父様は、ご一家の守神になってくださいますね。
またブログを拝見させていただきます。ありがとうございました。

投稿: 武士道 | 2008年3月20日 (木) 09時48分

武士道様へ
 
お久し振りです。 
コメントありがとうございます。 
 
 
父が居ないのが
寂しくて悲しくて
思い出す度に
涙が出てしまう日々が続いていますが
武士道様のご意見と同じで
癌とアルツハイマーから
解放された父が
安らかな時間の中にいる事を
望むばかりです。 
 
 
お父様の筋力の低下
心配ですね・・・・・ 
 
介護には不安や心配は付き物で
切り離せませんよね・・ 
 
どうか
ストレス等溜めないように
お体に気を付けて
お父様の介護、頑張って下さい。 
 

投稿: 白ネコ | 2008年3月21日 (金) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/11501500

この記事へのトラックバック一覧です: 闘病記 1:

« 闘病記 ~はじめに~  | トップページ | 闘病記 2 »