« 5cm程の歩幅 | トップページ | 視線も逸らせません »

2008年2月23日 (土)

寝具をベッドに

父は体を思う様に動かせなく
なってきました。 
     
椅子に座った状態から
立ち上がるのにも
立ち方が分らなり
介助がなくては立てなくなっています。 
  
 
寝た状態からでは
上体を起こす事も難しくなってしまい
母と私の二人掛かり。
    
一人が父の両脇の下から手を回し抱き上げて
もう一人が床を足で踏みしめる格好を作り
【立った姿勢】を介助で作り上げなければ
立てない事が頻繁になってきています。
  
  
現在
床に布団を敷いて寝ているので
起きる際の介助は本当に重労働。
 
父が立ち上がる頃には
私達の方がグッタリ状態に・・・・・・ 
そろそろ
ベッドの方が良いのかも知れません。 
 
 

介護者の母と私
そして
被介護者の父の双方が
負担が少なく
介助が楽に出来るように
ベッドを購入を只今検討中です。
 
本日のベーグル
Photo
パンプキンベーグル
カマンベール入り 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。

|

« 5cm程の歩幅 | トップページ | 視線も逸らせません »

コメント

介護ベットはレンタルで使いやすいものがあると思うので、検討してみてはどうでしょうか?

投稿: kirara | 2008年2月24日 (日) 09時00分

ありがとうございます。
レンタルについては
カタログをお借りして
検討してみたのですが
点数の問題から断念しました。
部屋も狭い事ですし
折りたたみ式で
予算2万円位の物を探そうかと思ってます。
今後ともご意見やアドバイス等参考にさせて頂きたい事が多く出てくると思いますのでよろしくお願いします!

投稿: 白ネコ | 2008年2月24日 (日) 19時41分

白ネコ様

最近のお父様のご様子、気になります。
家族にとってはとても辛いですが、
進行しているのですね。

お父様の後を歩いている妻にも、
必ずその時がやって来ると思います。

今私たち家族にできることは、
本人に起きていることを冷静に正しく把握し、
まずは本人にとっての最適な対応を誤りなく、
講じていくことだと思います。

その点、よくやっておられると思います。
白ネコさん、ママネコさん、
どうかお体を大切になさってくださいね。

投稿: Route463 | 2008年2月24日 (日) 21時19分

お父様の最近の症状は、パーキンソンかもしれませんね。
母にも一時期パーキンソンの症状がでましたが、歩行が小刻みになりましたね。
それから2,3ヶ月(?)で車椅子生活になったように記憶しています。

ベッドにして、介護者の負担を軽減することは急務だと思いますよ。

母が、目から光がすうっと入ってくる、と言っていました。
なんでもかんでも認知症の症状だと思いこんでいましたが、あれは白内障だったのです。
あの頃だったら手術できたかもしれなかったのですが・・・

当時はわからないことだらけでしたが、いろいろな人の情報から学んで理解してきたことも結構多いです。

投稿: miki | 2008年2月25日 (月) 14時50分

Route463様へ
 
寂しいですけど
進行しています・・・・・
  
本当は進行を認めたくないし
気付かない振をしてしまいたいのですが
そうはいきませんし・・・・
 
現実を見るのも
だんだん辛くなってきました。

投稿: 白ネコ | 2008年2月25日 (月) 22時19分

miki様へ 

パーキンソン・・・
そうかもしれません。 
 
少し前に病院で父の体の動きの事を
相談した所
パーキンソンの薬が処方されました。 
 
その後、
パーキンソンと診断される前に
副作用から薬の服用は断念しましたが
そうなのかもしれません。 
 
今の状況から見て
近い内に車椅子が常に必需品になる事を
覚悟てきました。 
 

投稿: 白ネコ | 2008年2月25日 (月) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/10711520

この記事へのトラックバック一覧です: 寝具をベッドに:

» 花粉症対策と洗濯 [かかって来い花粉症]
寝具は顔や皮膚に直接触れるうえに、睡眠している長い時間をその中で過ごすものなの... [続きを読む]

受信: 2008年2月29日 (金) 20時34分

» 寝具 についてーオーガニックの認定 [寝具 のお話]
オーガニックの認定・・・ [続きを読む]

受信: 2008年3月 1日 (土) 05時30分

« 5cm程の歩幅 | トップページ | 視線も逸らせません »