« 信頼! | トップページ | 伝わらず・・・・ »

2007年11月19日 (月)

家族の名前・・・・・・・・

記憶力の低下が進み
家族の名前が分からなくなる事が
出てきました。
  
  
全く名前が出てこない時もあれば
人物と名前が入れ替わってしまったり
どういう繋がりの家族なのかが(続柄)
分からなくなりつつあります。
  
 
症状が進めば
いつかはこうなる事は
想像していたし覚悟もしていましたけど
実際に目の当たりにすると
やっぱりショック・・・・・・・
  
 
今の所は
【偶に】名前が出てこない状態ですが
【念の為】のリハパンが【必需品】に変わるまで
時間が掛からなかった様に
一度、名前が出てこないと
それが【偶に】になり
そして【常】になるのも早い様な気がしています。
   
  
まだまだ沢山名前で呼んでもらいたい。
父が私達を
家族であると理解できるうちに
やりたい事も沢山ある。 
   
可能な範囲で
楽しい家族の思い出をいっぱい作って
そして
父に名前で呼ばれる幸せを今の内に
沢山沢山、噛み締めるつもりです。
   
本日のベーグル
6p
グラハムベーグル
《明治》ブルガリア
ヨーグルトケーキ入り
  
人気ブログランキングに参加しています。

|

« 信頼! | トップページ | 伝わらず・・・・ »

コメント

こちらの予想をこえて
「ああ・・・」という現実を
目の当たりにすると・・・

こういうショック、悲しみを経て・・・
現実を受け入れていけるようになるのですね。

「何もかもわからなくなりそうで怖い」
と母が言ってから1年余。
まだ私のことはわかります。
名前で呼ぶことはできませんが・・・

生きていてくれるだけでありがとう。
こういう時期を経て
母との別れを受け入れることができるようになるのでしょう。

本当につらかったとき、
「こういうつらさは多くの家族が体験したこと」
そう思うことで楽になりました。
母にも
「多くの人が体験してきたことだよ」
と言いました。
せめてもの気持ちでしょうか・・・

認知症の人も、ひとりではない。
家族も、ひとりではない。
インターネットでつなっがているからこそ達した心境です。

投稿: miki | 2007年11月20日 (火) 06時53分

miki様へ 

凄いです。
悟り・・・と言うか
miki様がここまでの考えに至るまでには
沢山の悩みもご苦労を乗り越えたからこその
深い考えなのですね。

介護では逃れられない現実と
その現実の受け入れの繰り返し・・・
失う物も多いけれど
得る物も多いんですね。

投稿: 白ネコ | 2007年11月20日 (火) 22時27分

母は、病院へ行くと何時も言うのです。
「病院へ来ると、自分だけでは無い。
みんな、なんかしらの病気と闘っているんなぁ~。私だけでは無いんだと思うと、頑張らなくちゃって思う・・・」

母は、記憶を辿ろうとしても、昨日の出来事が思い出せないと・・・・。
嘆くのです。
そして、そんな自分を責めるのです。
そんな母を見ていると、不安に潰されそうになります。

でも母は母で、自分を励まし、生きる力を吸収しようとしているんだなぁと・・・・。

現実はこれから更に厳しくなっていくのだと、想像しています。

白ネコさん言っているように・・・・。
「失う物も多いけれど、得る物も多い」
この頃、漸く・・。
受け止めようと思い始めています。

強がりかも知れませんが。

投稿: | 2007年11月20日 (火) 23時44分

名前を忘れてしまいました。

投稿: サブリン | 2007年11月20日 (火) 23時58分

サブリン様

お母様は昨日のことが
思い出せない事に対して
ご自分をせめていらっしゃる。

本人、家族ともに現実として
捉えるにはあまりにもつらいですね。

薬により、少しでも病の進行を抑え
現状を維持する生活が長く続くといいですね。


投稿: ママネコ | 2007年11月21日 (水) 21時24分

サブリン様へ

お母様本人が一番辛いでしょうけど
支える家族もまた辛いですね。 
 
何とかしたくても
どうにもならない事があるのだと
知らされる毎日です。
 
状況を受け入れた中で
お互い楽しい事が沢山見つかると
嬉しいですね!

投稿: 白ネコ | 2007年11月21日 (水) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/9002847

この記事へのトラックバック一覧です: 家族の名前・・・・・・・・:

« 信頼! | トップページ | 伝わらず・・・・ »