« 薄型タイプor厚手タイプ | トップページ | タイミングが合いません。 »

2007年10月 3日 (水)

手摺が必要

父は生活の全般に介助が必要。
 
靴を脱ぐのは一人でできるのですが
履く時にはやはり介助が必要です。
 
 
実家は玄関の敲きと上り口が
段差になっていている造りなので
上り口に腰掛けて
安全に靴を履く事ができるのですが
マンション住いの私の家では
玄関から上り口までがフラット。
 
立ったままの状態で
靴を履くのでチョット危険なんです。 
   
 
靴を履く時は必然的に
片足立ちの体勢になる為
筋力が低下してきている父は
フラフラと不安定な状態になってしまい 
いつも屈んで介助している私の頭に手を付いて
バランスを保っているのですが・・・・・・
   
先日は首の後ろを
グーッと掴まれてしまったり

バランスを崩しそうになって
私の髪の毛をグシャッと掴み
そのままギューッと引っ張ってしまったり・・・・
 
父にとっても、私にとっても
マンションのフラットな玄関は危険がいっぱい。
   
手摺を取り付けようと思いつつ
先延ばしにしてきましたが

怪我してからでは遅いので
やっぱり
手摺は必要です!
  
本日のベーグル
Photo
抹茶ベーグル
【ショコライフ】
マダガスカルバニラ入り
 
人気ブログランキングに参加しています。

|

« 薄型タイプor厚手タイプ | トップページ | タイミングが合いません。 »

コメント

白ネコ様

靴を履くときの介助について:

わが家のK子もまったく同じ状況です。
デイの玄関にはベンチ椅子があるので、
まずそこに座らせます。
スリッパを脱がせたあと、私が靴を持って、
靴の中へKの足のつま先を入れます。
できるだけ自力で履いてもらうよう促します。
マジックテープ付の靴を履いています。
引っ張ると簡単に広がり、履きやすいです。
テープは、ワンタッチで止められます。
脱ぐ時は、簡単にテープをはがせられます。

自宅の玄関には、椅子がありませんので、
お父様と同じように、立ったままの状態で、
介助しながら、履かせますが、片足立ちで、
バランスを崩しそうになったことがあります。
倒れて、骨折しないように気をつけています。

手摺は、ほんとうにいいアイデアですね。
私も考えてみたいと思います。

投稿: Route463 | 2007年10月 3日 (水) 22時54分

Route463様へ
 
靴の履き方
K様と全く同じです。
 
手摺については
父が私の家に毎日来るようになった
頃から考えてはいたのですが
ズット先延ばしにしてしまい
今日に至っています。 
 
以前介護用品店で手摺を見たところ
様々なタイプがあるので
じっくり選んで良い対と思っています。 

それともやっぱり
邪魔になりますが
折りたたみの椅子でも
置いておいたほうが良いのかな~とも思ったりもするんです。 

怪我してからでは遅いので
一番安全な方法を選びたいです。


投稿: 白ネコ | 2007年10月 4日 (木) 22時26分

手摺を持てば転ばない、と認識できるうちは便利でしょうね。
付けるなら早いうちがいいでしょうね。
認識できなくなったら手摺があっても持たなくなりますよ。

投稿: なり | 2007年10月 5日 (金) 16時21分

なり様

今は、手摺も介護者が夫を促し、
手を添えて持ってもらいます。

手摺を持つということも
いずれは識できなくなんでしょうね。


投稿: ママネコ | 2007年10月 5日 (金) 20時21分

なり様へ
 
手摺にしようか
椅子にするか
決めかねていますが
どちらにしても早いほうがいいですね。

怪我して骨折でもしてしまったら
そのまま寝たきりになりかねませんし・・・
 
時間も病気の進行も待ってくれませんから。

投稿: 白ネコ | 2007年10月 8日 (月) 22時25分

意地悪なコメントを書いてごめんなさい。
このブログはいつも読んでは悲しくて切なくて羨ましくて恨めしくなります・・・
わたしは嫉妬してるんです。
同じように母娘で父を介護してきたけど白ネコさんたちのように上手に介護が出来なかったから。
わたしの父はもう手摺りなんか持てません。
そこに手摺りが「ある」ことすら認識できません。
わたしのこともわかりません。


心無いコメントを勢いとは言え書いてしまって本当にすいませんでした。
白ネコさんママネコさんの介護を心より応援しています。


投稿: なり | 2007年10月11日 (木) 13時40分

なり様へ 
 
意地悪?
全然そんな事ないですよ! 
 
認識ができなくなるのは
この病気では
いずれ必ず訪れますし
当たり前(?)の事だと思っていますし
なり様、
どうか気にしないで下さい。 

 
ブログではあまり触れてはいませんが
私と父には色々と蟠りがあり
昔は距離のある親子関係でした・・・・・
 
私にとって父の介護は
コレまでの時間を埋める為の物なんです。 
  
父に介護をすると決めた時から
母や夫には《父の為》ではなく
《自分の為》に介護をすると
公言してきました。 
 
だから
父の為と言いながらも
本当は自分の為という気持ちが
根底にある介護・・・・
 
ココだけの話
チョット捻くれた介護なんです(笑)

投稿: 白ネコ | 2007年10月11日 (木) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/8226189

この記事へのトラックバック一覧です: 手摺が必要:

« 薄型タイプor厚手タイプ | トップページ | タイミングが合いません。 »