« 畑仕事 | トップページ | 初利用の日 »

2007年9月 1日 (土)

近所のオジサン

今月から利用する《デイサービス》は
新築の真新しい施設です。 
 
契約の時
父の担当ヘルパーさんが
教えてくださったのですが
認知症の方の中には
鏡を苦手とする方がいらっしゃるので
施設内の鏡は必要最小限に留め
洗面所一箇所のみの
設置に抑えた内装にしたそうです。
  
 
父も一年程前から
鏡が苦手になり
今年に入ってからは
鏡の中に映る自分を認識できなくなりました。
  
 
鏡に映る自分を見て驚き
「あんな所に人がいる!」と言い
苦手だった鏡も
つい最近になってからは
ちょっと違います。
  
鏡やガラスに映る自分を見ては
「よく、あのオジサン(自分)に行き会う」
と言いクスクス笑うのです。 
 
《頻繁に行き会うオジサン(鏡に映る自分)》に
会うのが楽しくなってしまった様で
鏡やガラスに映り込む自分を見る度
「また、あの人が居る」
「も~、しょうがないな~」
「暇だな~」

と言いながら
クスクス笑ったり
ププッー!と吹き出すように笑う事もあります。
  
 
父が言うには
あの《オジサン》は
【暇潰しに父の行動を眺めている
近所のオジサン】との事。
  
 
症状としては進行しているのかも知れません。
 
でも
鏡を見て恐怖心を抱くより
笑っていられる今の方が良いのかも?
と感じてしまいます。
  
本日のベーグル
Photo
ブルーベリーベーグル
 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。

|

« 畑仕事 | トップページ | 初利用の日 »

コメント

初めまして☆

始めから全部読ませていただきました。
いろいろ勉強になる事が沢山あって
メモを取りながら読破しちゃいました。

私の母も若年性アルツハイマーです。
6月から同居を始めて
想像していたより大変な事があったり
戸惑う事も多々あり・・・

これからもブログ覗かせてください♪

投稿: りこ | 2007年9月 1日 (土) 23時41分

先日出た講座でも、鏡の話ししていました。
若い頃の自分に戻ってしまうから、鏡の中の自分は違う人になってしまう・・と。
で、混乱する人には鏡に布をかぶせてしまうと言っていましたが、お父様楽しんでいらっしゃるようだったら、それも良し、ですね♪

お父様に年齢をお聞きしてみたら、何歳ってお答えになるんでしょう?

ちなみに、うちの父は50歳とか、最近は20歳とか言っています。ふざけちゃって真意はわからないのですが・・。

そういう所まで気を配ってくださるデイは本当素晴らしい!です。

投稿: Ms. | 2007年9月 2日 (日) 07時11分

シロネコ様へ
お世話になっています。

鏡のこと・・・・よくある話ですね。

私は自宅では自分だと思っていますが、
大勢の方が集まるところとかでは、
自分である・・・と分かるには時間がかかります。

私が私であることの見分けができないのは
何か理由があるのでしょうね。

体験された方だけが分かるもので、
他者は推測ですから・・・答えが出ないですね。

やさしく気を配ってあげることでしょうね。

投稿: 水木 | 2007年9月 2日 (日) 11時05分

りこ様

お母様が若年性アルツハイマーとのこと。
お母様は、私と同年代だとおもいますが
これからいろいろなことを
体験されると思います。

ブログを通じていろいろな方と
楽しいこと、悩んだこと、話合いたいですね。

よろしくお願いいたします。

投稿: ママネコ | 2007年9月 2日 (日) 12時42分

Ms.様

我が家の玄関には、夫が10年前に
自分で買ってきて取り付けた大きな姿見があります。

鏡を怖がるのなら
それを取ろうかと思っていましたが
今では白ネコの家の鏡と同じように
「又、あのおじさんだ!」
と笑っていますので、
そのままにしておくことにしました。

投稿: ママネコ | 2007年9月 2日 (日) 12時52分

水木様

夫には鏡の自分がどのように映っているのでしょう。

以前は鏡をみて、「だれかいる」と言ったときは
「あれは鏡で映っているのはお父さんだよ」
と答えていました。
今では 「あのおじさん、又、いるよ」と言うので
「そうだね、いつもいるね。」と言っています。

夫は私の心の鏡です。
やさしく、明るく接すると
私にそのまま返ってきます。

投稿: ママネコ | 2007年9月 2日 (日) 13時15分

白ネコ様

私の妻は、発病後1~2年の間は、鏡に映る自分に
向かって、にこやかに、会話をしていました。
それが、3年目から、鏡に映る自分の姿に恐怖を
覚えるようになりました。

今は、布をかけて、すべての鏡を覆っています。

お父様の場合は、恐怖心を抱くのではなく、
クスクス笑う反応なので、黙認できますよね。

白ネコさんが、おっしゃるように、症状としては
残念ですが、進行しているのだろうと思います。

投稿: Route463 | 2007年9月 2日 (日) 23時40分

Route463様

確かに症状は少しずつ進行しています。

463様のお宅は鏡に布を掛けていらっしゃるんですね。

この病の人は鏡が怖い方の方が多いと思います。

夫の場合「又、いるよ」と笑っているので
私も一緒に楽しんでいます。

ただ、アリセプトが夫に合わず
副作用がでて飲めなくなったことが
残念でなりません。

投稿: ママネコ | 2007年9月 3日 (月) 20時03分

りこ様へ 
 
始めまして!
読んで下さってありがとうございます。 
 
実は私も近々
同居を始めようと考えている所なんです。 
 
私の家と実家
どちらに住むのか
まだキチンと決まっていません。
 
夜の介護を考えると
母一人では負担が掛かり過ぎる為
数ヶ月以内に・・・・
と考えています。 
 
お母様と同居を始められたとの事で
今後、色々なご意見やアドバイスを
頂ければ幸いです。 
 

これからもどうぞ
白ネコ&ママネコ(母)共々
よろしくお願いいたします!

投稿: 白ネコ | 2007年9月 3日 (月) 20時44分

Ms様へ
 
年齢の事ですが
数ヶ月前、父は30歳と答えていました。 
 
もしかしたら
今、聞きなおすと
もう少し若くなっているかもしれません。
 
年齢が分からなくなった時
とても寂しく思いましたが
鏡同様に
若々しいフレッシュ(?)な
気分でいられるなら
それはそれで良い事だと思っています。

投稿: 白ネコ | 2007年9月 3日 (月) 20時52分

水木様へ
 
父の事、病気の事を理解して
不安を少しでも和らげたいと願っても
本人じゃないと分からない事って
きっと多いのでしょうね。 
  
今願うのは
少しでも不安を取り除き
少しでも多く笑顔が溢れ出す様に
楽しく過ごす事です。

投稿: 白ネコ | 2007年9月 3日 (月) 21時04分

Route463様へ

進行していると気付く度
辛く寂しい気持ちでいっぱいになります。 
  
鏡に関しては
病の進行を逆手にとって
笑顔のツールとしています。
 
鏡の前で
少し悪戯っぽく笑う父の姿は
結構、可愛かったりするんです! 
 

投稿: 白ネコ | 2007年9月 3日 (月) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/7764173

この記事へのトラックバック一覧です: 近所のオジサン:

« 畑仕事 | トップページ | 初利用の日 »