« パーキンソン病の薬 | トップページ | 行ってきます♪ »

2007年8月14日 (火)

お盆のお参り

お盆です。
 
本日、我が家にも
お坊さんが来て下さり
家族揃って仏壇の前で手を合わせました。
 

   
お坊さんがお経を読み上げて
お参りをして下さっている間
父に数珠を手渡したのですが
何度、数珠を握ってもらっても
持ち続ける事ができず
10秒程で直ぐに落としてしまいます・・・・
   

数珠を【手渡す】→【握る】→【落とす】
を5~6回繰り返した後
今度は落ちないように

父の手首に数珠を通してみたのですが
自ら数珠を外して
目の前に少し無造作な感じで
ポイッ!と投げてしまい・・・・・・・・・
  
最終的には数珠を持ってもらうのは
諦めました。
 
 
でも、大丈夫!
大事なのは気持ち!
 
数珠を持ってお参りしなくても
形に拘らなくても

亡き祖父&ご先祖様を
供養する気持ちが伝われば
問題なしです!
 
それに、祖父は優しい人でしたから
そ~んな細かい事は気にしません~♪
 
本日のベーグル
Photo
トマトベーグル
ドライトマト&チーズ
 
 
人気ブログランキングに参加しています。 

|

« パーキンソン病の薬 | トップページ | 行ってきます♪ »

コメント

白ネコ様

数珠は、お葬式や法事、お墓参りなどの時に、
常にこれを持って、仏さまに手を合わせれば、
仏さまと心を通い合わせることのできる法具
であると、私たちは覚えています。

こうした一般常識は、意味記憶といわれるそうです。

しかし、この病気では、この意味記憶も失われて
しまうのだろうと思われます。

私の妻Kも、ネックレスや指輪をすぐ外して
しまうので、今では一切つけておりません。

以前は、こういったアクセサリーは、女性を
美しく、可愛く飾るためのおしゃれの品である、
とKは覚えていたはずです。

しかし、この病気のKは、そことさえも忘れ、
アクセサリーの意味を理解できなくなったため、
つけてもすぐに外していたのだと思います。

こうでなければならないというものではない。
私もそう思います。大事なのは気持ちですよね。
お父様の気持ちは、ご祖父様に伝わったことでしょう。

投稿: Route463 | 2007年8月14日 (火) 23時24分

Route463様

意味記憶なんですね。

お参りしている時、白ネコが夫のそばで
数珠をかけていました。

しかし、自分で数珠を持っている感覚が全くないようでした。

そういえば、夫は時計が大好きで
いつも出かけるとき、服に合わせて
時計も替えていました。

今は、持ち主に忘れられ戸棚に置いてあります。

K様のアクセサリーもそうなんですね。

アクセサリーも時計も付けることはないかもしれませんが
見ると思い出してしまいますよね。

投稿: ママネコ | 2007年8月16日 (木) 19時10分

Route463様へ

奥様のアクセサリー
父の数珠 
同じなんですね。 
 
Route様のお話
とても参考になりました。 

物の意味・・・・・・
そうですね、そうなんですね。
 
改めて考えて
とても納得してしまいました。 

投稿: 白ネコ | 2007年8月17日 (金) 22時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/7537434

この記事へのトラックバック一覧です: お盆のお参り:

« パーキンソン病の薬 | トップページ | 行ってきます♪ »