« 嬉しいお土産!! | トップページ | 第二候補 »

2007年7月20日 (金)

おトイレの失敗

デイサービスから帰宅した父を出迎えた時
スタッフさんが
「すいません・・・・・
 トイレに失敗してしまって・・・・・」
と申し訳なさそうに
今日の報告をしてくれました。 
 
スタッフさんのお話では
何度か《トイレ誘導》したそうなのですが
お昼過ぎまで一度も排尿できなかったそうです。 

そして、お昼過ぎに
父がトイレの方向へ歩き出したのを見掛け

「今だっ!!」と思い
トイレ誘導したそうなのですが
残念ながら間に合わず・・・・・・
洋服も汚れてしまったとのお話。 
 
事前訪問の時に説明した
私達家族が行っている
自宅での《トイレ介助》《声掛け》
実践してくれているらしく
それ以外にも
スタッフの皆さんが色々と考えて
様々な方法を試してくれている様なのですが
上手くいかないようです。
 
 
父のトイレの為にスタッフの皆さんが

一生懸命取り組んでくれている姿が伺えて
嬉しくなってしまいました。
 
しかし、その反面・・・・・・
おトイレでの失敗は
直ぐに忘れてしまったとしても
その時はとても辛かった筈。
  
父の気持ちを考えると・・・・
やっぱり辛い・・・・・・・
 
本日のベーグル
Photo_112 トマトベーグル
ドライトマト&クリームチーズ 

 


人気ブログランキングに参加しています。 

|

« 嬉しいお土産!! | トップページ | 第二候補 »

コメント

白ネコ様

今回のこと、お父様のお気持ちを考えると、
とても辛いことですね。

妻もデイで何度か失敗がありました。
これからもあると思います。

その度に、「お気遣いしないでください」
と、連絡帳に書かれていました。

その一言で、私は救われた気がしました。
デイのスタッフに感謝しています。

介護の専門家であっても、トイレのサインを
見逃さずに、本人の気持ちをくみ取って、
きちんと目的を達成するのは難しいくらい、
排泄サポートは永遠の課題ですね。

排泄して、落ち着いて良かった。
そんなふうに思うようになりました。

投稿: Route463 | 2007年7月21日 (土) 10時18分

トイレの失敗は夫にとって
辛い出来事だったと思います。

自宅ではトイレ誘導しても
必ず用がたせるとはかぎりませんが
成功の比率は高いです。

しかしデイでは慣れない場所、人に対する気遣いなど
環境が難しくさせているかもしれません。

トイレサポートは難しいし
本当に永遠の課題ですね。


投稿: ママネコ | 2007年7月21日 (土) 21時46分

Route463様へ

おトイレの失敗は
本人が一番辛い思いを
してしまいますし・・・・・

この先、同じような事が増えてくるかもしれませんが
例え失敗が日常化してしまっても
失敗後の心のケアを忘れずに
接していきたいです。

投稿: 白ネコ | 2007年7月21日 (土) 23時17分

トイレの失敗は、1番自尊心を傷つけてしまうと言っても過言じゃありませんよね。
だから、その時のお父様のお気持ちを考えると、私も白ネコさんと同じように辛いです。

父の場合は、今こそリハパンをはいているので服まで濡らすことはありませんが、始めの頃は、トランクスで対応していたので、濡れてしまった時、どのように対応されて、どんな表情だたのだろうと想像でしかありませんでしたが、やはり気持ちを考えると辛いものがありました。

自尊心を傷つけられるよりかは、少しでもその事実が周りにばればいように・・ということでリハパンもはき始め、もらさないように・・ではなく、「ちょっと位、もれたってこれなら大丈夫だね~♪」と明るく送り出していました。
でも、やはりリハパンでも失敗した時に、どのような気持ちで、どういうふうに変えてもらっているか気になるところです。
家では、失敗しても、「いいよ~、大丈夫だよ~」交換したら、「良かったね~さっぱりしたね~、出て良かったね~♪」とプラス面だけの声かけのみ行ってきました。
父は始めの頃こそ、少しとまどった顔をしていて、私達もいいよ~と、さっとさりげなく片付けているだけでしたが、こちらも一緒に沈んでいては余計負担になってしまうと考え、あくまで明るく&さりげなく・・を心がけてきました。
結果・・今では父はリハパンに失敗した時には笑って、それを見せて教えてくれるようになりました。
それが良いのか悪いのかわかりませんが、私達らしいと思っています。
でも、たとえ明るく処理してようと、やはり他人様の前では自尊心が傷つけられることは決して忘れないようにして、配慮していきたいと思っています。

お父様、まだ排尿誘導で成功する時が多いなんて、立派、立派です!!
うちは、誘導すると逆に気になって、トイレ通いになってしまうので、誘導は諦めていますが、それでもまったく失敗しない日もあります。そんな日は母と私で誉めまくり攻撃です(笑)

投稿: Ms. | 2007年7月21日 (土) 23時57分

Ms.様

いつも白ネコにコメントいただきありがとうございます。

コメントを読ませていただきながら
白ネコとだぶってしまいます。

夫はリハパンを、ほんのこの春に はき始めたのに
トイレ誘導が成功率が高いとはいえ
失敗もあります。

失敗したとき、本人には自覚がありません。

先の見えない介護ですが
Ms様のように白ネコと明るくこれからの介護をいていきたいです。

投稿: ママネコ | 2007年7月22日 (日) 21時03分

Ms様へ

トイレの悩みは尽きません。 
仰る通り、自尊心を傷つけないように
失敗後のフォローが大切なんですね。
 
私もMs様を見習い
実践されているような
いいところだけを見ていき
暖かい声掛けをしていてきたいです。

お父様、お幸せですね!!

投稿: 白ネコ | 2007年7月23日 (月) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/7213906

この記事へのトラックバック一覧です: おトイレの失敗:

« 嬉しいお土産!! | トップページ | 第二候補 »