« 父と私は同年代? | トップページ | チャレンジ精神 »

2007年6月18日 (月)

証明写真

父は今、障害者手帳2級(精神)を持っていますが
1級の申請をする事しました。
  
 
これまで、精神の障害者手帳に
本人の証明写真は必要なかったのですが
これからの手帳には写真が
添付されるそうなのです。 

   
 
申請に必要な書類は全て揃っています。
しかし、証明写真だけが無く

スナップ写真でも可能か尋ねたところ
敢え無く却下・・・・・・・・・
  
 
ということで証明写真が必要になったのですが
セルフのスピード写真では
狭くて解除が困難ですし
正面の鏡に父が違和感を覚えたり
目線が定まらなかったりしそうだったので
写真屋さんにお願いしました。
  
 
写真屋さんでは
前以て母と打ち合わせした通りに
私は屈んだ状態で父に寄り添い
カメラの裏に回り込んだ母の方を見るように
声をかけ続けたので
すんなりレンズの方を向くことが出来
キチンと正面を向いた
良い顔の良い写真を撮る事に大成功!
 
 
証明写真を撮るにも
当然介助は必要ですし
前以て打ち合わせをしたり
場所を選んだり・・・・・・・・・・

一つ行動を起こすにも
考える事が多いです。
 
本日のベーグル
Photo_82 玄米粉ベーグル
甘納豆ミックス入り

暖かくなってから店頭から
姿を消した甘納豆。
久しぶりに見つけて即買いです♪
 
人気ブログランキングに参加しています。

|

« 父と私は同年代? | トップページ | チャレンジ精神 »

コメント

良い顔の良い写真が撮れた・・・
よかったですねえ~

我が家は大変な介護のままつらい精神状態で父を送ったので、葬儀の写真は介護中の写真になってしまったのです。
私達は家の片づけが精一杯で写真まで気が回らなかったのです。
笑顔の写真でしたが・・・

こんなことも非難したい人にはいい材料になってしまう・・・
私の場合は、いろいろなことがかみあわなくて周囲と大変になっていったようです。
(冷静に判断できる今だから言えることです。)

母のように介護の期間が長くなってくるとこちらの覚悟もできるのですが。

気分を害するコメントになったかもしれませんがお許しくださいね。

投稿: miki | 2007年6月19日 (火) 18時30分

miki様

miki様も今だからこそ見えてきた部分があるんでしょうね。
介護に余裕がないときは見えないところが多いものです。

そんなときにいい写真を撮ることってなかなかできないと思います。

私の勤務するデイでは誕生日会で
利用者さんの笑顔の写真をプレゼントしていますが
ご家族からとても喜ばれます。
デイでは利用者さんは外から来たお客さんなので、
自宅とは違う顔になる方が多いです。
家では見せない笑顔みたいですよ。

投稿: ママネコ | 2007年6月19日 (火) 19時39分

miki様へ
 
証明写真一枚撮るにも
バタバタしてしまします。
 
でもこんな慌しい日々も
一瞬一瞬が父と過ごす大切な思い出
になるんですね。
 

投稿: 白ネコ | 2007年6月19日 (火) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/6829426

この記事へのトラックバック一覧です: 証明写真:

« 父と私は同年代? | トップページ | チャレンジ精神 »