« 水分補給を忘れずに! | トップページ | 新しいデイサービス »

2007年6月23日 (土)

父の発言

今日の父は
少し何時もと様子が違っていました。
 
眠そうな表情はするものの
寝付けないようで  
午前も午後も日課となっている
お昼寝をしません。 

 
   
そして
私が買い物に出掛けて
母と二人きりになった時
突然泣き出してしまったそうです。 
   
母が訳を尋ねると
「俺、もうダメなのかも・・・・
 
あまり長くないかも・・・・・・」 
と父は言っていたそうです。 
   
 
私が買い物から帰宅した時には
父は落ち着いていましたが
突然の発言に母の方が
「あんな事言い出すなんて・・・・・・
 
始めて・・・・・・・・・・」
と戸惑っていました。 
    
父の発言は
私もショックです。
 
もし、私と二人だけの時に
今回と同じような事を
父が言い出してしまったら
私は何て父に声を掛ければよいのだろう。
  
父を励まし落ち着かせる言葉が
咄嗟に浮かばないかもしれません・・・・
  
本日のベーグル
Photo_87 アールグレイベーグル
シナモンレーズン入り

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。

|

« 水分補給を忘れずに! | トップページ | 新しいデイサービス »

コメント

辛いですね。お父様は、白ネコさんとは、夫婦なので、心許せるのでは無いのでしょうか?
母も、「死んで終いたい・・。」と、父に言う様です。
父は、何よりもその言葉が堪える様です。

この病気何も解からなくなるなるのかな?
と、思っていましいたが・・・。
自分が、壊れて行く恐怖を、感じているのでしょうか・・?
だとしたら、お父様、母は、より苦しく、辛いのでしょうね。
白ネコさんも辛いですね。

投稿: サブリン | 2007年6月23日 (土) 23時59分

白ネコ様

お父様の突然の発言には、お母様も白ネコ様も
びっくりされたと思います。

私の妻も、「死にたい」とよく云っていました。
最近は、「私のこと、バカって云うんだよ。
可哀相じゃない」と云って、泣き出します。

こんなとき、励まし、勇気付け、落ち着かせる
適切な言葉は、私にも見つかりません。

「俺がそばにいるから大丈夫」と云いながら、
抱きしめたり、手を握ったり、話題を変えて、
お茶にしたり、散歩に出たり、歌を歌ったり、
踊り出してみたり、・・・、精々そんなこと
しかできませんが、これで落ち着いてくれる
こともあります。

投稿: Route463 | 2007年6月24日 (日) 01時02分

白ネコ様

無理に慰めたり励ましたりより気持ちを受け止めてあげることが大切だと思いますよ。

なぜそういう気持ちになったのか・・・
そうして「大丈夫、家族がついているから」と言ってさしあげてください。

私は母にストレートに言ってきましたよ。
「病気は治してあげられないけれど私がついているよ。だから、ひとりではないよ」
最近新しい環境に移ったので、スタッフも母もお互いにわかりあえないこともあるようです(当たり前のことです)。
「お母さんの生きてきた歴史を知っているのは私だけだよ。だから、お母さんの心に届く話はほかの人には無理だよ」
「人間はみんな孤独なんだよ」
などなど・・・です。

母のことを少しずつ理解していただいて対応が変われば母も落ち着いてきます。
家族にできる最大の役目は、気持ちを受け止めて寄り添うこと。
「大丈夫。家族がついているよ」
このメッセージを与え続けることのみ!

サブリン様、この病は、個人差はあるでしょうが、周囲が思っているより本人はずっとよく理解できていますよ。
だから周囲の配慮を欠いた言動に傷つくことが多いのです。

投稿: miki | 2007年6月24日 (日) 08時26分

サブリン様

白ネコが買い物に行っている間
夫と二人で昼食を食べていたときでした。

急に涙を流しその言葉を言ったのです。

とっさに「大丈夫! 白ネコと私がずっと一緒だよ!」
と言うと
「ありがとう」と言ってくれました。

白ネコが帰ってきた時は
すっかり元の顔になっていました。

投稿: ママネコ | 2007年6月24日 (日) 20時21分

Route463様

いつも463様の奥様に対する愛情表現は
ストレートでほほえましいです。
奥様にはなにより心強いことでしょう。

私も463様に少しでも近づけられるよう
努力しなければ・・・

夫の母も要介護3の認知症ですが
3年間あまり進行していません。

夫はいつに間にか義母より
先をいっており
私たちの気持ちが付いていくのがやっとです。

投稿: ママネコ | 2007年6月24日 (日) 20時42分

miki様

そうですね。

「ずっと一緒だよ」
それだけしか言えなかったのです。

初めてです。こんなことを言ったのは。

家族にできることは
気持ちを受け止めて寄り添うことですね。
家族だからこそできることなんでしょうね。

miki様のお母様もまだ環境に慣れていなくても
母娘との会話がなによりの生きる糧になっているようですね。

投稿: ママネコ | 2007年6月24日 (日) 20時58分

サブリン様へ

父の不安や心配を少しでも
軽くできたら・・・
と思うのですが・・・・・・
 
自分が壊れていく恐怖・・・

きっと色んな感情が入り混じって
あんな発言が出たのかもしれません。

投稿: 白ネコ | 2007年6月25日 (月) 22時48分

Route463様へ

「死にたい」
「生きてても意味がない・・・・」

こういう言葉これまで何度か聞いた事が
あったのですが
今回のような予言?
のような発言は初めてでした。
 
何の根拠も意味もなく
ただ
【大丈夫だよ】
この言葉しか思い浮かびません・・・・

もし、今度このような
発言をしたら
Route463様がされているように
気分転換してもらおうと思います

 

投稿: 白ネコ | 2007年6月25日 (月) 22時59分

miki様へ


病気を治してあげられない・・・・・・

辛いです。
見守る事しかできないんですね・・・・

でも、だからこそ
介護者は
目を逸らしたくないと感じるのかも
知れません。
 
 

投稿: 白ネコ | 2007年6月25日 (月) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/6894960

この記事へのトラックバック一覧です: 父の発言:

« 水分補給を忘れずに! | トップページ | 新しいデイサービス »