« 寝言 | トップページ | GWの予定 »

2007年3月21日 (水)

昔を振り返り・・・・・

父は凄く厳しい人で
私が子供の頃
食事の時、ご飯をこぼしたり
パン屑を床に落としては
父に叱られていました。
 
パン屑が落ちただけで
怒るくらいですから
湯のみやお椀などの
水気の物をひっくり返してしまった日には
当然、酷く叱られます。
 
マナーに厳しい・・・・と言うよりも
父は神経質で大の綺麗好きなので
床にゴミが散らかるのが
許せなかったのかも知れません。
 
 
大の綺麗好きな父も
今は上手に食事ができなくなってきて
父の食事した後は
ご飯粒やオカズ等
その日の食卓に並んだ
一通りの食材が転がっています。
 
 
父が帰った後
父の落としたご飯粒を掃除しながら
フッと厳しかった昔の父を思い出して
寂しくなる事があります。
 
細かくて口うるさい父が
昔は苦手で
嫌で嫌で仕方なかったけど
叱ってくれる人が居るって
幸せな事なんですね。
 
それだけ、自分の事を
考えてくれるって証なんですから。
 
本日のベーグル
Photo_344
最近お気に入りの
黒胡麻ベーグル黒豆入り

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。

|

« 寝言 | トップページ | GWの予定 »

コメント

白ネコさん

私には、娘と息子がおりますが、
彼らにとって、こわい父だったようです。

とくに娘には厳しかったようで、
門限を守らないときなどには、
私からひどく叱られ、
泣いていた娘を思い出します。

その娘も、1人の娘をもつ母となり、
私が叱った意味がよく分かると云います。

実はその私も父からよく叱られました。
父を恨んだことはありませんでした。
むしろ叱ってもらったことに感謝です。

「叱る」と「怒る」。
ニュアンスが少し違うと思います。
感情的にならず、諭すということでしょうか。

白ネコさんも、
「細かくて口うるさい父が、
昔は苦手で、嫌で嫌で、仕方なかったけど、
叱ってくれる人が居るって幸せなこと」
とおっしゃっていますが、
本当にその通りですね。

投稿: Route463 | 2007年3月22日 (木) 07時20分

こんにちは!
お父様、エプロンは嫌がりますか?
うちも去年、介護用のエプロンの存在を知り、床の掃除が少し楽になりましたよ♪

そして我が家も昔、父は食べこぼしにうるさかったことを思い出しました。
懐かしい記憶です。

投稿: なり | 2007年3月22日 (木) 10時45分

私は、いろいろなことが重なって、寂しいという感情は味あわないままでした。
知的レベルの低下を目の当たりにしたときはつらかったですけれど・・・

いろいろなことを受け入れていかなければなりませんね。
つらさ、寂しさ、そういう思いを抱えて、それでも現実のお父様に愛情を注いでいかなければなりませんね。

親と子の過ぎ去りし歴史をふりかえる日々でもありますね。
子を思う親の心の深さに気づき、ありがたいと感謝の念が強くなります。

親から受けた愛、恩を返す。
それが介護なのでしょう。

投稿: miki | 2007年3月22日 (木) 15時31分

Route463様へ

父から教えてもらった教訓や言葉に
今まで随分助けられてきました。

子供の頃は理解できなくても
大人になってから
気付く事って多いです。

投稿: 白ネコ | 2007年3月23日 (金) 22時22分

なり様へ

お出掛けで車の中で食事をしたり
する時は普通のエプロンを掛けますが
家では掛けた事がありません。

普通のエプロンは掛けてくれるので
多分、大丈夫だと思います。

一度、介護用品のお店に
実物を見に行ってみます。
情報ありがとうございます!

投稿: 白ネコ | 2007年3月23日 (金) 22時38分

miki様へ

父には本当に感謝しています。
私が凄く辛い時期に
父は私が何よりも望んでいた
言葉を掛けてくれました。

そうなんです。
恩を返したいんです。
介護をしていると
辛い事、悲しい事沢山あります
でも父の大きさを知る事のできる
この時間に感謝しています。

投稿: 白ネコ | 2007年3月23日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/5766486

この記事へのトラックバック一覧です: 昔を振り返り・・・・・:

« 寝言 | トップページ | GWの予定 »