« 再放送のバラエティー番組 | トップページ | GPS »

2007年3月26日 (月)

初めての迷子

昨日(日曜日)の夕方
父は初めて迷子になってしまいました。
  
夜、母から電話があり
知ったのですが
話を聞いた時は
そりゃ、もうビックリ!
 
 
母の話では
夕方、父と一緒に買い物に行った
そうなのです。
 
お店に到着しても
車内で落語のCDを夢中で聞いていた父は
「車で待ってる」と言い
母が店内に入るように誘っても
一緒に来てくれなかったそうなのです。
 
父は夢中で落語を聴いていたし
買い物は短時間で済むので
大丈夫だろうと思った母は
一人で店内に入ったそうです。
  
 
足早に買い物を済ませ
車に戻った母が見た光景は・・・・・・・・・
 
  
助手席のドアが開いた状態で
エンジンが掛かったままの車。
 
そして・・・・・・・・
 
車で待っている筈の
父の姿がどこにも無い!
  
  
母は急いで駐車場の周辺を探し
次にお店に戻り店内を探し
再び駐車場に戻り
私に連絡しようと思った丁度その時
駐車場で歩いている父と
出会う事ができたそうです。
 
 
父の歩調はとても遅いので
短時間で遠くまで行く事は出来ませんし
車を非常に怖がるので
車通りの激しい所に近づく事は無いので
交通事故に合う可能性は低いとは思いますが
何が起こるか分かりませんし
兎に角、無事で何よりです。
 
夜、母から電話があり
この話を聞いた時
小心者の私は
【驚き】【恐怖感】【無事だった安堵感】【今後の心配】
様々な感情が一度に押し寄せて
母の話しを聞いているだけで
クラクラしてしまいました。
 
話を聞いているだけで
クラクラとしてしまう位ですから
その場に居た母は
さぞ辛い状態だったと思います。
父も心細い思いをした事でしょう。
 
 
身に着けている物に
名前や住所、電話番号は書いてありますが
徘徊の心配が出ていた最近は
GPSをお守り代わりに持ってもらおうと
話し合っていた矢先の今回の出来事。
 
早速、今週中に
GPSを借りに行きます。
 
何だか、次々と色んな事が起こり
色んな変化がありすぎです。
 
本日のベーグル
Photo_347 よもぎベーグル
小豆の甘納豆入り
 
 
 

人気ブログランキングに参加しています

|

« 再放送のバラエティー番組 | トップページ | GPS »

コメント

お母様はびっくりされたことでしょう!

お父様は「ここにいる」、お母様は「短時間だから大丈夫だろう」ということだったのですが、お父様が不安になられたのですよね。

こちらの「ついちょっと」が・・・私も2度ほど経験がありますよ。

少しずつ大変になってきていますね。
ストレス、発散できていますか?

投稿: miki | 2007年3月27日 (火) 10時13分

白ネコ様

お父様の「迷子」事件(徘徊?)。
「えっ! どこへ行ったの? どうしよう?」
お母様は、頭の中が真っ白になったことでしょうね。

でも、今回は早々に見つけ出すことができ、
事なきを得て、ほっとされたましたですね。

私の妻Kも、よく似た小事件を何度か起こしました。
Kの日頃の行動パターンを思い出しながら、
多分こっちへ行ったに違いないと判断して、
そのほうへ行くと、何食わぬ顔で歩くKを発見。
何事もなかった顔をして、Kと一緒に散歩へ。

いずれも気づきが早かったので、大事にはならず、
本当によかったと思っています。

家族の会で親しくしている方から次のような話を
お聞きして以来、注意するようになりました。

《その方の奥様が認知症で、ご主人が家に帰ると、
奥様の姿が見えない。周辺を探したが見つからない。
夜になっても、奥様は帰ってこない。
娘さんに電話して来てもらい、警察に捜索願を出す。
その日も、次の日も奥様は帰ってこない。
父娘はどうすることもできず、心配して待っていると、
警察から、奥様と思われる方が浦和で発見された、
との連絡が入った。自宅が所沢なので、浦和までは、
直線距離にして20キロ、奥様はひたする歩き続けた。
途中誰かに食べ物をもらったようだけど、ほとんど
何も口にしていなかった。排泄は垂れ流しであった》

このときは、夏だったそうで、もし冬だったら、
そう思うと怖くなります。また、国道を歩いたそうで、
交通事故に遭わなくてよかったと思います。

Kは、道路の凹凸に足をとられて、転びそうになったり、
近づいてくる自動車に気づかなかったりと、
とてもひとりで外へ出すには、心配が大きすぎます。

そこで、私は、Kをひとりにしないようにすること、
外へ行くときは二人で一緒に出ること、
横断歩道や段差のあるところでは手をつなぐこと、
そのように決めて、やっています。
 
本当に、次々と色んなことが起こりますよね。

投稿: Route463 | 2007年3月27日 (火) 12時57分

この先どうなるんだろうと暗澹たる気持ちになっていらっしゃるのでは?

父の時は、すべてが後手後手でした。
しようがなかったと思います。

目の前のことに対処していってください。
大きな視点で判断してくれる人が必要かも。

投稿: miki | 2007年3月28日 (水) 20時58分

miki様へ

油断大敵ですね。
今回は幸い何事も無く
無事に父を見つけ出すことが出来ましたが
今後、気を付けなければいけません。
勉強になりました。

色々な状況を想定して
今後の事も考えていかなければ
いけませんね。

投稿: 白ネコ | 2007年3月28日 (水) 22時08分

Route463様へ

迷子・・・・
徘徊・・・・
怖いです。
今後が心配です。

私と母も認知症の家族の会で
Route463様がお聞きになったお話と
同じ様なお話を聞きました。

その方は真冬の深夜に
自宅から遠く離れた
自動車専用道路(バイパス)を
裸足で歩いていたそうです。

見つかった時には
足は傷だらけで
爪も無くなっていたそうです・・・

車を怖がる父が
一人で外を歩く事は無いと
決め付けていましたが・・・・・
何が起こるか予測できないものですね。

早急に今後の対策を
考えなければいけません。

投稿: 白ネコ | 2007年3月28日 (水) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/5824878

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての迷子:

« 再放送のバラエティー番組 | トップページ | GPS »