« お気に入りの中華料理店! | トップページ | 拗ねちゃった? »

2007年1月20日 (土)

父に介助を再認識

父はトイレに行きたい時
「ちょっといい?
 トイレに行きたいんだけど・・・・・」
とか
申し訳なさそうな顔をしながら小さな声で
「・・・・・・トイレ」と言います。

しかし時折、何も言わずに1人でトイレに行こうと
する時があるのです。

突然立ち上がると
辺りをキョロキョロと見回して
ゆっくりとした歩調で部屋の中を歩き始めます。

周囲を見回しながら歩き続ける父に
声を掛けると
「あっ?トイレ・・・・
  行こうと思って・・・・・」

と言う返答。


父が自分1人で何かしようと
行動に移してくれる事はとても喜ばしい事!
調子が良い!
・・・・・・ように見えるのですが
実は、この様な状態の時は調子が悪い時。

トイレに行くのに介助の必要性を感じていないのです。
介助無しで何でも出来ると感じているのす。
こういう時に、声を掛けすぎたり
介助をしようとすると
【自分で出来るのに!】と言いたげに
少し、迷惑そうに不機嫌な顔をします。

下手に刺激して、易怒性や攻撃性が
出てしまっては大変ですし
介助をしようとして
嫌な顔をされると気分も悪いですし・・・・・・
ストレスになりますし・・・・・・・

こんな風に感じてしまうのは
心が狭い証拠なのでしょうが
最近では、父が介助を必要と感じるまで
声を掛けませんし、手も出さないようになりました。


父が困った時には
すぐに手助けできるように
近くで見守りながら待機するだけです。

しかし、この状態は、父にとっては酷な事。

私が、父に嫌な顔をされて
嫌な気分にならない為に
父に、【介助無しでは何も出来ない】という状態を
再認識させてしまっているのですから・・・・


介助をして、迷惑そうに嫌な顔を見るのも辛い。
父に自分の状態を再認識させてしまうのも辛い。

どっちに転んでも辛いのですが
私は、父に再認識させる方を選んでしまっています。
 
 
本日のベーグル
Photo_259 グラハム30%ベーグル

ドライ生姜&シナモンシュガー

 
 
 
人気ブログランキングに参加しています。
 

|

« お気に入りの中華料理店! | トップページ | 拗ねちゃった? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/5006752

この記事へのトラックバック一覧です: 父に介助を再認識:

« お気に入りの中華料理店! | トップページ | 拗ねちゃった? »