« 擬音と擬態音 | トップページ | 懐かしいケーキ! »

2006年10月 7日 (土)

仕切り直し

トイレの場所が分からない。
今では日常茶飯事です。

 

場所が分からないのは、案内すればいいのですが
困った事にトイレを認識できない時があります。

   

介助をしながら便座に座ってもらい
用を足すように言うのですが、辺りをキョロキョロしながら
「ここで いいのか?」
と聞いてきます。
「いいよ!ここトイレ」
説明しても10秒後にはまた同じ質問の繰り返し。
 

3回位同じやり取りを繰り返すと、用を足してないのに
立ち上がり、何故か服を脱ごうととしながら
ウロウロ、キョロキョロ。
 

こうなってしまうと完全に混乱している状態なので
何度、説明しても無理なのです。

  

こんな時、ちょっとしたコツがあります。

一旦トイレから出て、どるちぇ君と遊んだり
テレビを観ながら話をしたりして
トイレの事は完全に忘れてもらいます。
その間、約10分。
トイレの事を完全に忘れたところで
再びトイレに誘い案内すると今度はちゃんと認識でき
スムーズに用を足すことができます。

   

母と私の間で【仕切り直し】と呼んでいるこの行動。
コツは、混乱状態を完全に忘れる様に
楽しい話題で父の気分を明るくして
兎に角、笑ってもらう事。

 

【仕切り直し】をしていて感じるのは【笑う】事の大切さ。
笑って気分が高揚すると
不思議と色んなことが上手くいくんです。
 

笑わそうと思っている側も、内心『どうしよう・・・・・・』
とか思いながら、再びトイレに誘うタイミングを
父の様子を見つつ、図っていたりするのですが
最後には一緒に気持ち良く笑っていたりします。

 

しかし、常に笑いの耐えない生活って現実には難しい。

   

本日のベーグル

Photo_123  

プレーンベーグル

エメンタール入り
スイスのチーズでチーズフォンデュに最適だとか。

  

  

人気ブログランキングに参加しています。

|

« 擬音と擬態音 | トップページ | 懐かしいケーキ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/136103/3728010

この記事へのトラックバック一覧です: 仕切り直し:

» 共感してくれる人がいるって事 [優希]
ブログを始めて良かったと思う事は私と同じように悩んでる人、私と言う人間を知ろうとしてくれる人に本当にちっぽけで、何も出来ない私でも知ってもらえる価値がある、生きてる意味がある、そう思える瞬間がある事・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 21時09分

« 擬音と擬態音 | トップページ | 懐かしいケーキ! »